便秘解消でスッキリダイエット【食べたものをしっかり排泄腸内美人】

笑っている女性

普及が予測

体重計

日本人の昔の食生活

人間は、一日に1回から数回の排便をすることが、通常の状態とされています。この通常の状態の排便の回数が、少なくなったものを、便秘と呼んでいるのです。日本人は、西洋人と比較すると、便秘である人の割合が、とても少ないことが知られていました。しかし、戦後からしばらく経過したころから、徐々に便秘を患う人が、増加するようになったのです。これには、いくつかの要因が指摘されていますが、とくに食品の影響も大きいと言われています。日本人の昔からの食生活は、野菜を中心とした食品の摂取が多いことが、大きな特徴でした。これに対して戦後からは、肉類などの食品を摂取することが、多くなってきたのです。したがって、日本人の昔の食生活を見直すと、便秘解消に役立ちます。

ダイコンやカブ

日本人の昔の食生活は、先述のように野菜を多く摂取していて、便秘解消に役立っていました。なかでも便秘解消に役立っていて、よく摂取していたのが、ダイコンとカブです。西洋においても、ダイコンとカブは存在しますが、日本ほど数や種類が多い国は、ほとんどありません。日本においてダイコンやカブは、各地方の気候風土などから、独自の品種が数多く開発されたのです。この数多くの品種から、それに応じた料理についても、たくさん生み出されるようになりました。食べるための料理が多いということは、それだけ毎日の食事で提供されても、飽きがきません。その代表的な食品が、ダイコンやカブを使った漬物です。そのため、ダイコンやカブを使った漬物は、日本人の食生活では欠かせない食品なのです。したがって今後は、ダイコンやカブを使った食品が、便秘解消に普及すると予測されます。

Copyright© 2015 便秘解消でスッキリダイエット【食べたものをしっかり排泄腸内美人】All Rights Reserved.